おまとめローンのメリットとは?でもデメリットもあります!


おまとめローンは、消費者金融や銀行といった金融機関から提供されていますが、実際にどのような商品なのか知らない人も少なくないと思います。

おまとめローンとは、文字通りローンをまとめることで、複数社からの借り入れを1つの金融機関にまとめるというものです。

おまとめローンは、多重債務で苦しむ人にとってメリットがありますが、デメリットもありますので、紹介いたします。

貸金業者のおまとめローン商品の特徴

男子

【三菱UFJフィナンシャル・グループ:アコム】


貸金業法に基づく借り換え専用ローン

 

資金使途が「貸金業者債務の借換え」と規定されているため、おまとめローン専用の商品となり、その他の使用目的には利用できません。

「貸金業者債務の借換え」と規定されているため、銀行からの借り入れは対象外となります。

契約限度額は300万円までとされており、貸付利率は7.7%~18.0%に設定されています。

【三井住友銀行グループ:プロミス】


貸金業法に基づく おまとめローン

 

資金使途が「他の貸金業者からの借入金返済に限ります。

消費者金融・クレジットカードなどにおけるキャッシング(無担保ローン)。

」と規定されているため、おまとめローン専用の商品です。

しかも、「銀行のカードローン、クレジットカードのショッピングなどを除く」と規定されているため、すべての借り入れを1つにまとめられるわけではありません。

金利が6.3%~17.8%、融資額は300万円までと設定されています。

返済日は毎月5日・15日・25日・末日のいずれかを利用者が選択することができるため、利用者のスケジュールに応じた返済ができるという特徴です。

【アイフル】


貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン:かりかえMAX

 

貸付対象者として、「アイフルをはじめて利用する人」と規定されており、金利は12.0%~17.5%と他の消費者金融と比較しても高く設定されています。

しかし、契約限度額は500万円であり、消費者金融が提供しているおまとめローン専用としては、最も高い金額に設定されています。

資金使途が「他社借入金の借換えのみ」と規定されているため、おまとめローン専用の商品となり、その他の使用目的には利用できません。

しかし、「貸金業者だけ」や「クレジットカードのショッピングは除く」という規定がないため、すべての借り入れをまとめることが可能です。


貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン:おまとめMAX

 

アイフルを利用したことがある人で、おまとめローンを申し込む場合は、おまとめMAXを申し込むことになります。

金利は12.0%~15.0%と設定されており、かりかえMAXの12.0%~17.5%より低く設定されていますが、下限金利だけを比較すると、他の消費者金融より高く設定されています。

資金使途は「当社及び他社借入金の借換え」と規定されており、すべての借り入れ・アイフルからの借り入れもまとめることができるというユニークな商品です。

契約限度額は、かりかえMAXと同様に500万円であり、消費者金融が提供しているおまとめローン専用としては、最も高い金額に設定されています。

【オリックス・クレジット株式会社】


貸金業法に基づくおまとめローン:オリックス VIP フリーローン

 

おまとめローン商品として紹介されていますが、資金使途は自由であるため、おまとめローンでもその他の目的でも利用が可能です。

契約枠が800万円に設定されており、貸金業者が提供しているおまとめローン専用・非専用の中で、最も高い金額に設定されています。

しかも、金利が3.0%~14.5%に設定されており、貸金業者の中では最も低い水準であるため、おまとめローンには最適の商品です。

しかし、申し込み条件の中に「年収が400万円以上」という規定があり、ハードルが低い商品ではありません。

銀行のおまとめローン商品の特徴

女子

【東京スター銀行】

スターワンバンクローン(おまとめローン)
複数のローンを一本化し、確実に返済を進めて完済をめざすローンです。


http://www.tokyostarbank.co.jp/products/loan/unsecured_refinance/index.html

 

使いみちは、お申し込みご本人に対する無担保個人向けローンのお借り換え、おまとめと規定されており、すべての金融機関などのローンが対象とされています。

したがって、おまとめローン専用の商品となり、その他の使用目的には利用できません。

借入限度額は1000万円と全金融機関の中でも最高クラス、金利は5.8%~14.8%に設定されており、消費者金融よりは低く設定されていますが、他の銀行と比べると下限金利は高く設定されています。

利用条件として、年収200万円以上、正社員・契約社員・派遣社員の方と規定されており、パートやアルバイトの方は申し込むことができません。

【東京スター銀行】


スターワンバンクローン(のりかえローン)

 

使いみちは、お申し込みご本人に対する無担保個人向けローンのお借り換え、おまとめと規定されており、すべての金融機関などのローンが対象とされています。

したがって、おまとめローン専用の商品となり、その他の使用目的には利用できません。

借入限度額は1000万円と全金融機関の中でも最高クラス、金利は7.8%~9.8%に設定されており、
スターワンバンクローン(おまとめローン)と比較すると、上限金利が5.0%も低く設定されております。

しかし、審査が厳しいといわれており、審査結果によっては、スターワンバンクローン(おまとめローン)の利用を提案されることもあります。

利用条件として、年収200万円以上、正社員・契約社員・派遣社員の方と規定されており、パートやアルバイトの方は申し込むことができません。

おまとめローンのメリット1:金利低下による総返済額の減少が見込める

お金

おまとめローンの最大のメリットは、金利低下による総返済額の減少が見込めるということです。

例えば3社から、それぞれ50万円を金利17.0%で借り入れている場合、1年目の金利総額は1社あたり85,000円となり、3社の合計は255,000円となります。

おまとめローンを利用して、150万円を14.0%で借り入れることができた場合、210,000円となり、45,000円の減額することができます。

1年目だけで45,000円減額できたとすると、返済期間が同じであれば、それだけ総返済額の減少を見込めるということが、ご理解いただけかと思います。

おまとめローンのメリット2:毎月の返済日を1日だけにすることができる

財布

多重債務者で苦しむ人がストレスに感じていることは、元金が減らず利息ばかり返済しているという物理的な理由に加えて、月に複数の返済日があるということによる精神的ストレスも考えられます。

複数の返済日があることで、毎日どのように返済していくかということを考えなければならず、大きなストレスになっているようです。

おまとめローンを利用することで、複数社からの借り入れを1本化できるため、月の返済日は1回だけになります。

返済日に関しては、毎月10日や15日と決められている場合もありますが、金融機関によっては毎月5日・15日・25日・末日のいずれかを利用者が選択することができる金融機関もあります。

例えば、給与支払日の直前に返済日がある状況と、給与支払日の直後に返済日がある状況を比べた場合、どちらの方がより精神的負担が楽になるでしょうか。

おそらく、多くの方は給与支払日の直後に返済日がある方が良いと思われると思います。

その理由は、返済日に向けてお金を残しておく必要がないためです。

給与を受け取ってすぐに返済し、残金を生活費や今後の返済のための資金に回す方が楽ではないでしょうか。

おまとめローンのデメリット1:返済期間延長による総返済額の増加の可能性がある

女子

おまとめローンのメリットの1つとして、月々の返済額を低く抑えることができるというものがあります。

しかし、実はこれは要注意なのです。

おまとめローンは、複数社からの借り入れを1社にまとめただけで、借入金額が減ったわけではなく、元金部分の返済総額に変更はありません。

月々の返済額が少なくなるということは、必然的に返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなればなるほど、利息が大きくなります。

複数社からの金利の平均と、おまとめローンでの金利を比較して、おまとめローンの金利の方が低くなったとしても、返済期間が長くなることによって、利息を含めた総返済額が増加しているということもあります。

したがって、おまとめローンを利用する際には、単純に金利だけを比較するのではなく、返済期間と金利から利息の総額を計算して、現在の総返済額と比較する必要があります。

おまとめローンのメリット・デメリット:利用限度額の増額のオファーがある

お金

おまとめローンを利用して金融機関に完済すると、金融機関としては完済してくれたため、良い利用者として認識します。

良い利用者に対しては増額のオファーがなされるため、このこと自体はメリットと言えます。

しかし、増額のオファーを受けた利用者の中には、月々の返済額が少なくなったこと、増額のオファーがあったことから、勘違いして再び借り入れをしてしまい、多重債務に陥るというリスクもあります。

また、完済した金融機関から再び借り入れたり、他社から新たに借り入れを行った場合、その事実がおまとめローンを利用している金融機関に知られてしまうと、金融機関によってはおまとめローンとして貸し付けたお金をすべて返還するように求める金融機関もあります。

したがって、利用者によっては、デメリットになることもあります。







同じカテゴリーの最新の記事