【おまとめローン選び方の基礎講座】“おまとめローン選びで迷わない!”を徹底検証!

カードローン1社だけの返済なら必要ないかもしれません。

が、2社以上のカードローンでの借金があって、別々に返済しているような方では「おまとめローン」の利用が得策になると言ってよいケースがあります。

そこで今回のレビューでは、複数社から借入があって「ちょっと返済で悩んでいる・・・」といった方向けに、毎月の返済がらくになるかもしれない“おまとめローンの選び方”に関する基礎講座”を開講します。

「おまとめローン」の“基礎知識”について

おまとめローンの基礎知識

“おまとめローン”は、形態こそ“カードローン”と似ていますが、「ローンの利用目的については明確な違いがある!」と言ってよいでしょう。

そんな両者の違いを端的に言えば、「一般カードローン」は“お金を借りるカードローン!”となりますが、「おまとめローン」は“お金を返済するためのカードローン!”となることでしょう。


と言うと、「カードローンってお金を借りるために使うものじゃないの!?」と反論したくなる人はいると思います。

おまとめローンも確かに“カードローンでお金を借りる”ことに間違いありません。

そして、その意味では、他のカードローンと利用目的はまったく同じと言ってよいでしょう。


一般カードローンで借りたお金は、事業性資金以外の目的ならどんな目的にも利用可となります。

が、「おまとめローンに関しては、借りたお金はカードローンでの借金の返済目的にしか利用が認められない」のがおまとめローンでの原則になると言ってよいのです。


そのことから「おまとめローンで借りたお金を海外旅行の資金に充てたい!」といったような利用目的だと、おまとめローン審査に通してくれません。

また、プロミスやアイフルなどの消費者金融カードローンの「おまとめローン」に限っては、“カードローンでの借金の返済目的”にしか利用できない仕組みとなっているケースが多いのです。


以上のことから、おまとめローンの基礎知識としては、“おまとめローンは返済目的ローン!”となります。

自由度高くてメリット感じる“おまとめローン”は?

自由度高いおまとめローン

返済目的で利用する「おまとめローンの選び方」では、返済目的ではあっても使い道の自由度が比較的高く、その分だけメリットを感じ取れるものがあります。


おまとめローンの選び方でまず重要なのが現在借りているカードローン金利よりも必ず金利が低いところを選ぶ!ことです。

おまとめローンを選ぶいちばんの目的は、今よりも金利の低いカードローンに乗り換えるかたちで返済の金利負担を少しでも低くして全体の返済負担、返済総額を圧縮することで少しでも早く完済できるようにすることです。


それゆえ、返済の目的以外でメリットが感じ取れても、現在借入のカードローン金利よりも高い金利になってしまう場合は、おまとめローンとして成立しないので注意してください。

より低金利なカードローンに複数の借金を一本化して、おまとめするかたちで完済を目指すのを大前提として、その上で使い道の自由度が少しでも高くなるおまとめローンはあります。


具体的には、そんな夢のような「おまとめローン」は、銀行の「おまとめローン」となります。

銀行のおまとめローンは、おしなべて低金利です。


また、銀行の「おまとめローン」は使い道自由な“フリーローン”となるケースが大半となります。

そのことからフリーローンとして「おまとめローン」が利用可となる銀行なら、返済目的に利用しつつ、同時に多目的に利用するために追加融資が受けられる使い方もできて柔軟性の高い自由度がエンジョイできます。

もちろん銀行ローンなので金利は低めです。


プロミスやアコムなどの複数の消費者金融カードローンからの借金を一本化するなら、銀行の「おまとめローン」はベストな選び方です。


他方で、銀行でフリーローン等を「おまとめローン」として提供しているところはそんなにたくさんありません。

たとえば、三井住友銀行などの3大メガバンクでは、“おまとめに特化した専用ローン”は設定していません。


そのことから「おまとめローン」の設定がない銀行では、低金利な一般カードローンを“おまとめ目的”で利用することになります。

そして、一般カードローンによる“おまとめ”となるので、返済目的に特化した「おまとめローン」よりも借入れの自由度はもっと高くなります。

 

【主な銀行の「おまとめローン」対応可能なローン (2017年1月14日現在)】

銀行カードローン 金利 限度額 借り換え・おまとめへの対応
イオン銀行おまとめローン・フリーローン 年3.8~13.5% 30~700万円 OK
東京スター銀行 スターワンバンクローン(おまとめローン) 年5.8~14.8% 1000万円 OK
トマト銀行 借り換え専用フリーローン「ひとまとめ」 年4.8~13.8% 50~800万円 OK
楽天銀行フリーローン 年1.9~14.5% 800万円 OK
オリックス銀行カードローン 年3.0~17.8% 800万円 OK

 

【おまとめローンの選び方 ①】~これだけは注意しよう!~

おまとめローンの選び方

おまとめローンの選び方で注意したい点は幾つかあります。


1つ目は、“金利水準をしっかり見比べる!”ことです。

すでに指摘しましたが、おまとめローンの選び方での大原則は、「今の借入金利よりも少しでも金利の低いカードローンを選ぶ!」ことに尽きます。


そのことから現在のカードローン借入の金利と利用したい「おまとめローン」の金利とをしっかり比較することは絶対に必要な注意点となります。

たとえば、プロミスなどの消費者金融カードローンでの複数の借り入れを銀行のおまとめローンを選んで一本化できれば、それほど金利水準の比較に神経質になる必要はないでしょう。

なぜなら、消費者金融カードローンから銀行のおまとめローンへの乗り換えなら、まず消費者金融カードローンよりも金利が高くなってしまう銀行のおまとめローンはないと考えられるからです。


一方で注意が必要なのは、複数の消費者金融カードローンでの借り入れを消費者金融の「おまとめローン」に借り換えて一本化するケースです。

まずは消費者金融の「おまとめローン」の融資スペックを紹介します。

 

【消費者金融『おまとめローン』の融資スペックについて (2017年1月14日現在)】

消費者金融「おまとめローン」 金利 融資額 返済回数
プロミス「おまとめローン」 年6.3~17.8% 300万円まで 1~120回
※ 相談の上回数を決定
アコム『借り換え専用ローン』 年7.7~18.0% 1~300万円 2~162回
アイフル『借り換えMAX』
(※ ただし当社を初めて利用される方のみ利用可)
年12.0~17.5% 1~500万円 120回
アイフル『おまとめMAX』 年12.0~15.0% 1~500万円 120回

 

アイフルやアコムから年18%の金利でカードローンの借金があるのでプロミスの「おまとめローン」に乗り換えると考えても、プロミス「おまとめローン」の金利水準は年4.5~17.8%なので金利メリットはわずか年0.2%しかゲットできない可能性もあります。

0.2%でも金利が低いところに“おまとめ”すれば、それは「おまとめローン」の選び方としては決して間違いではありません。


が、どうせ「おまとめローン」を利用して、できるだけ返済負担を軽くすることで1日も早く完済を目指すのであれば、もっと金利水準を徹底的に比較した選び方がおススメです。

そう考えれば、アイフルの年12.0%~15.0%の【おまとめMAX】、あるいは年12.0~17.5%の【かりかえMAX】のどちらかを利用した方が金利メリットが大きくなって賢い選び方になると言ってよいでしょう。


加えて、複数の銀行カードローンの借金をより金利の低い銀行のおまとめローンに乗り換える場合には、一般的に金利が低めの銀行カードローンなので、かなりしっかり金利水準を比較して乗り換えないと「まったく金利メリットがなかった…」といった可能性もあります。

【おまとめローンの選び方 ②】~デメリットもあるぞ!~

おまとめローンのデメリット

おまとめローンは、低金利のカードローンに乗り換えられることでメリットがあります。

そして、金利負担が少しでも低くなれば、毎月の返済負担も軽くなります。


また、高金利で返済し続けるよりも、金利が低くなった分だけ返済総額も小さくなるので完済が早くなるメリットも享受できます。

その一方で、「おまとめローン」ではデメリットが生じてしまうケースもあるので注意が必要です。


そして、おまとめローンの選び方では、このデメリットをできるだけ避けることが肝要です。

まず考えられるデメリットは、返済期間が長くなると低金利メリットが得られないだけでなく支払利息の合計がかえって増えて返済総額が大きくなってしまうことがある点です


たとえば、元金が300万円だとして、毎月の返済額が月13万円から8万円に減らせる「おまとめローン」を利用したと仮定して、金利に関しては年18%から15%と低金利メリットが得られる一方で、返済期間が3年から5~6年に増えてしまうと、むしろ返済総額が増えてしまって「おまとめローン」利用が損になります。

それは「おまとめローン」利用前の返済総額が400万円台で済んだのに、5~6年で完済となる「おまとめローン」を利用したことで返済総額が500万円台に膨らんでしまうかもしれないからです。


それゆえ、おまとめローンの選び方では、低金利であることに加えて、返済期間や返済回数によるデメリットにもしっかり目を向けることがとても大切になります。


2つ目は、すでに指摘したように、「おまとめローン」の基本的な利用目的が“返済専用ローン”となることによるデメリットとなります。

アコムやアイフルなどの消費者金融の「おまとめローン」は、すべてが“返済専用ローン”になると考えてください。


そして、返済専用ローンとなる場合は、カードローンでの借金返済の目的以外には利用不可となり、かつ「お金が足りなくなった…」との理由でローンカードで提携ATMで簡単にお金を借りることはできません。

さらに言えば、もし消費者金融の「おまとめローン」を返済目的以外に利用した事実がばれた場合は「おまとめローン」での借入額+利息分の合計を一括返済するように要求されることがあります。


また、消費者金融のおまとめローンでは、実際には申込者の手にお金が入ることがない場合もあります。

おまとめローンの利用会社側と借金を一本化して一括返済する会社側との間のみで契約が交わされるかたちとなって、利用者は複数の借金を一本化して返済した事実のみに基づいて「おまとめローン」での借入金を返済していくかたちとなります。






同じカテゴリーの最新の記事