おまとめローンは総量規制の抜け道?使途が確認されないことのメリットとは

複数の金融機関から借り入れがある場合、それぞれ返済金額や金利、返済日も異なるため、

それらをきちんと管理する必要が出てきます。

おまとめローンを利用すれば返済日は統一され、金利や返済金額が低くなることもあるといいますが

…今回はこのメリットを深く検証していきます!

 

おまとめローンは総量規制の「例外貸付け」に該当する!

 

消費者金融では年収の3分の1を超える借り入れはできません。

これは2010年に完全施行された貸金業法の総量規制によるもので、

複数の金融機関で借り入れをする場合にも適用されます。

 

例えば年収が300万円だとすれば、借り入れ可能金額は100万円だということになります。

ですから既にA社で50万円の借り入れがある場合には、

B社で50万円超の借り入れをすることはできません。

 

しかし総量規制には除外、または例外とされるローンがいくつかあり、

特例として年収の3分の1を超える金額の借り入れが可能です。

おまとめローンは利用者にとって一方的に有利になる借り換えとされ、総量規制の対象外となっています。

 

ただし、複数の借り入れを消費者金融で1本にまとめれば全て総量規制の対象外になるのか、

と言えばそうではなく、専用のおまとめローンを利用する場合に限られています。

 

おまとめローンを取り扱っていない消費者金融を利用した場合にはこの例外貸付けは適用されず、

総量規制の対象となりますので注意が必要です。

 

消費者金融のおまとめローンにはさまざまな規制がある!

消費者金融のおまとめローンはいいことばかりではないというイメージ

 

消費者金融のおまとめローンは、

いわゆる貸金業者の借り入れのみをおまとめの対象としている点にも気をつけましょう。

例えば消費者金融A社とB銀行から借り入れがある場合、

消費者金融のおまとめローンを利用して両方の借り入れを1本にまとめることはできません。

 

おまとめローンとして利用できる銀行のローンならば、

消費者金融A社とB銀行の両方の借り入れを1本にまとめることが可能です。

 

消費者金融の通常の借り入れでは資金の使途を問われることはありませんが、

おまとめローンでは資金使途は他の貸金業者からの借り入れの返済に限定されます。

借り入れ後は増額や追加融資を受けることはできず、返済のみを行うこととなります。

 

消費者金融のおまとめローンは借り入れる際にも様々な制限があります。

利用者の返済負担の軽減を目的とした特例ですので、

毎月の返済金額や金利が低くならない場合には借り入れができないこともあります。

 

おまとめローンを利用すれば総量規制上限を超える借り入れができ、

おまけに複数の借り入れを1本にまとめることもできて、

これはちょっとした抜け道ではないかと思われがちですが、

決してそうではないことがお分かりになるでしょう。

 

カードローンでおまとめすれば使途は自由!

カードローンを利用する様子

 

消費者金融の専用のおまとめローンでは資金使途は他の貸金業者への返済に限定されますが、

消費者金融の通常のカードローンや銀行のカードローンなどでは使途は確認されず、

自由資金として利用できます。

 

ただし、消費者金融の通常のカードローンでは総量規制が適用されますので、

年収の3分の1までの範囲での借り入れとなります。

つまりその範囲内でおまとめができるのかどうかが焦点になります。

 

銀行のおまとめローンでは総量規制は無関係となりますが、

消費者金融のローンと比較して金利が低く設定されている場合が多く、

またおまとめするということは多額になるケースが多いので、

借り入れに伴う審査は当然厳しくなるでしょう。

 

上記のどちらもおまとめローンとして利用することもできますが、

使途が返済だけに限定される訳ではなく自由に使え、追加融資を受けることもできます。

そのため借金が減りにくい、増えてしまうという可能性も出てきます。

 

使途を問われないのがカードローンのメリットですが、

利用に細心の注意を払わなければならないのはどのローンの利用においても共通するところでしょう。

 

油断禁物!おまとめローンはまとめてからが始まり!

油断禁物、を表すイメージ

 

複数の借り入れを1本にまとめられたとしても、それで終わりなのではなく、そこからが始まりです。

返済日を統一したい、できるだけ早期返済したい、返済の負担を小さくしたいなど、

借り入れをまとめる目的は様々でしょう。

 

借り入れの金利を下げたうえで目的にかなった返済ができるようにしたいものです。

そのためには現在抱えている全ての借り入れについての詳細を把握することが重要です。

 

各々の借り入れの金利や月々の返済金額などを確認し、

おまとめローンを利用することで金利や返済額、返済期間がどの程度圧縮されるのかきちんと調べ、

効率の良い返済プランを立てましょう!






同じカテゴリーの最新の記事