【非正規社員は必見!】契約社員や派遣でも「おまとめローン」は利用可か?

契約社員や派遣といった働き方だと、どうしても「カードローン審査に通るか不安・・・」と感じてしまう人って多いと思います。

契約社員や派遣といった非正規社員だと、正社員に比べて確かにカードローンの審査では厳しい面があると言って間違いありません。

そこで今回のレビューでは、「契約社員や派遣でもおまとめローンが利用できるのか?」について考察してみます。

契約社員って「おまとめローン」を利用できるのか?

契約社員っておまとめローンを利用できるのか

一般カードローンでも、またおまとめローンでも、ともに審査で重要視されるのは、信用能力と返済能力の2つとなります。


信用能力とは、「この人にお金を貸しても大丈夫なのか?貸倒れにならないか?」といったことになります。

つまり、“お金を借りる資格があるのか?ないのか?”を調べるのが信用能力の審査と考えてください。


一方、返済能力とは、「この人にお金を貸してもきちんと返済できる財力があるのか?」です。

要するに、“毎月安定した収入を確保しているのか?”が焦点になると言うことです。


おまとめローンの審査でも、この2点さえクリアできればまず審査に落とされることはないと言ってよいでしょう。

そして、契約社員でも「非正規社員」といった働き方自体を云々されるよりも、「信用能力と返済能力に問題がないか?」をしっかり調べられることになります。

それゆえ、信用能力と返済能力に問題がなければ、契約社員でもおまとめローンの審査に通ってまとめることは十分に可能です。


一方、契約社員ゆえにおまとめローンで注意したい点はあります。

それは契約社員はやはり雇用と収入の面で正社員に比べると不安定とみなされるので、その分だけ信用能力と返済能力は低めに見積もられてしまうことです。


そのことから「同等な借入件数や借入額でも正社員はおまとめローンの審査にパスしたが、契約社員の場合は審査に落とされた・・・」といった事態が起きます。

それゆえ、契約社員がおまとめローンを利用する際には、まずはできるだけ借入件数を減らして、かつ借入額も少なくしてから、“おまとめローンで一気に解決!”といったスタンスがベストとなります。

派遣は「おまとめローン」の利用厳しいか?

派遣はおまとめローンの利用は厳しいのか

おまとめローンの場合は一般カードローンの場合とはいささか異なり、借入額が高額となる傾向が強く、かつできるだけ金利の低いところを利用する必要があります。

それは複数の融資を1つの低金利なローンにまとめることでバラバラに返済している負担も少しでも減らして返済を早く完済するための“高額融資&低金利”となるからです。


そして、“高額融資で低金利”となれば、それは審査がより厳しくなることを意味するのです。

“借入額が大きくなる”との観点から派遣がおまとめローンを利用できる可能性を探れば、派遣は正社員に比べると必然的に収入が少なめとなってしまう点が否めないので、やはり借入額が大きくなるにつれて派遣の人はおまとめローン審査に通りにくくなると言って間違いないでしょう。


また、できるだけ低金利のおまとめローンを選ぶとすれば、派遣という立場ではやはり審査通過はかなり難しくなってしまう事実は容易に予想できます。

以上のことから、おまとめローンのメリットをとことん追求して選ぶとなると、派遣だとおまとめローンの利用が厳しいと言えます。


だから派遣の人がおまとめローンを利用する場合には、できるだけおまとめローンでの融資額を圧縮できるように、まずは借り入れしているいちばん金利が高めの借金を短期間で完済してからおまとめローンに申し込むのが得策です。

また、できるだけ低金利のおまとめローンを利用したい気持ちもよく分かります。

が、派遣の方の場合は、「現在借金している金利よりもある程度金利が低くなるなら、どのおまとめローンでもよし!」と考えるような柔軟性が要求されることになるかもしれません。

契約社員・派遣にオススメの「おまとめローン」はこれだ!

契約社員や派遣におすすめのおまとめローン

契約社員や派遣にオススメしたい「おまとめローン」の条件としては主に2つあると言ってよいでしょう。

・審査で働き方を問われない

・審査がゆるめで柔軟


契約社員や派遣などの非正規社員は、正社員に比べると明らかに収入と雇用で不利になります。

それゆえ、審査が厳しめのおまとめローンだと、契約社員や派遣だと審査に通過できない可能性が高くなります。


そこで契約社員や派遣の方にオススメしたいのが「消費者金融おまとめローン」です。

消費者金融はカードローンでも審査が甘めで柔軟で借りやすいので、高額借り入れとなってもそんなに審査ハードルは高くなりません。


消費者金融おまとめローンで具体的にオススメするなら、アイフルの『おまとめMAX』です。

アイフル『おまとめMAX』の申込条件は以下の通りです。

■ 満20歳以上

■ 一定の安定収入ある事

以上の条件なら、契約社員や派遣でもクリアできる人は多いのではないでしょうか。


また、年収制限はなく、勤続年数の縛りについても半年~1年間くらいあればすぐに審査に落とされることはないようです。

が、契約社員や派遣の場合、1年以上の勤続年数が望ましいものとなります。


【アイフル『おまとめMAX』の内容について (2017年2月2日)】

金利 限度額
年12.0~15.0% 最大500万円まで

 

アイフル『おまとめMAX』の金利は、アイフルの一般カードローンに比べると“最高金利で低金利”となります。

それゆえ、比較的に借入額が大きくならないような“おまとめ”でも低金利メリットが享受できるのがメリットと言えます。


たとえば、利息制限法では100万円以上で金利は年12~15%となります。

が、アイフルのおまとめMAXなら、80万円くらいのおまとめでも年15%の金利が適用されるので低金利でのおまとめが可能となります。


また、アイフルなど消費者金融では、原則として“総量規制”の対象外となります。


総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)


引用元 総量規制とは -貸金業法について

URL:http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html


総量規制だと年収の3分の1までしか借りられないので、大きい借入額になるおまとめローンでは使えないことになってしまいます。

しかし、アイフル『おまとめMAX』は、総量規制の対象外となるので、年収300万円の人でも100万円以上のおまとめの利用が可能となるのです。


このように総量規制の対象外となる消費者金融おまとめローンは、アイフル『おまとめMAX』以外にもあります。

【総量規制対象外の「消費者金融おまとめローン」 (2017年2月2日)】

消費者金融おまとめローン 金利 限度額
アイフル『かりかえMAX』(※当社を初めて利用される方のみ利用可) 年12.0~17.5% 1~500万円
プロミス『おまとめローン』 年6.3~17.8% 300万円まで
アコム『借り換え専用ローン』 年7.7~18.0% 1~300万円

 

「おまとめローン」の審査基準について

おまとめローンの審査基準

おまとめローンの審査内容については、どの金融機関も公表していません。

が、おまとめローンを利用された人たちの口コミ情報をつぶさに見てみると、ある程度の審査基準とおまとめローン審査に通りにくい原因というものが浮かび上がります。


そして、契約社員や派遣の場合は、特に審査に通過できない原因については、かなり気にする必要があると言ってよいでしょう。

なぜなら、もともと契約社員や派遣だと審査通過がラクではないからです。


おまとめローンの審査基準について特に気をつけたいのは3つの点です。

1つ目は、「短期間に多重申込している」ことです。


契約社員や派遣の方だと、どうしても審査に不安があるので、できるだけたくさんのおまとめローン審査に申し込んでセーフティーネットを張りたいと考えるでしょう。

しかし、1カ月以内でおまとめローンの審査に3社以上申込むと、「この人ってどこでもいいからおまとめしなければならないほど借金苦に喘いでいるのか?・・・」と判断されて信用能力にペケをつけられて審査に通してくれません。


2つ目は、「申込書でウソの申告をする!」ことです。

契約社員や派遣の人だと、少しでも収入を多めに書いて心象を良くする、勤続年数を水増しして信用力を高めるといったように虚偽申告してしまう人もいます。


しかし、申込書のウソは必ず審査の段階でばれます。

そして、ウソがばれると「この人は信用できない!」とみなされて審査落ちです。


3つ目は、「勤務先をコロコロ変える!」ことです。

特に契約社員や派遣の場合は、短期間で勤務先を変えるような働き方をしていると必ず審査でマイナスになる!と考えてください。

頻繁に勤務先を変えるような方は、“信用能力が低めで返済能力も不安定”と判断されて審査通過が難しくなります。






最新の記事